カラーテレビが来た

 こんにちは。はら歯科医院の原です。

 先日、我が家に待ちに待った新しいカラーテレビが来た。

 約半年前より、我が家のテレビの調子がおかしくなり、
 状態としては、カラーの画面が、突然モノクロになり、
 そのままカラーになかなか戻らない。

 画面がモノクロのままと思っていたら、突然カラーに
 一時的に戻ったりする。

 でも画面はモノクロのときが、ほとんどである。

 その度に、子どもが雑誌でテレビを叩いて、画面をモノ
 クロからカラーに戻す。

 子どもがテレビを叩くと、叩き方にもよるが、本当に
 モノクロ画面がカラー画面になる。
 まるで漫画のようだ。

 最近、テレビを叩いて画面を戻す事も限界となり、家族
 からの冷たい視線も感じ、新しく購入する事になった。

 新しいテレビが設置されて、妻の第一声「カラーテレビが
 来た。」であった。
 これで、家族からの冷たい視線から解放される。

 エアコンの調子も悪かったので、ついでに電気屋さんに
 見てもらったら、フィルターにホコリが詰っていただけ
 だったとの事。 ほっと、一安心。

 しかし、エアコンも定期的なメインテナンスが必要と痛感
 させられた。

 当院もお口の定期的なメインテナンスで来院される患者様
 が増えてきています。

 若いうちから定期的なメインテナンスを受けていると、自分
 の歯を多く残せることが統計的にも明らかになっています。

 そのためにも、治療が終わっても、定期的なメインテナンス
 を継続し、患者様が、ご自身の歯で末長く物がおいしく
 噛める事を当院は目指しております。